EXHIBITION

2017.09.20

黒猫と消しゴムはんこ 津久井智子

2017年9月20日(水)
10:30-12:30 ワークショップ午前の部(定員8名)
19:00-21:00 ワークショップ夜の部(定員8名)
14:00-18:00 ライブペイント

津久井 智子(つくい ともこ)

消しゴムはんこ作家。
埼玉県出身、静岡県熱海市在住。
15 才から消しゴムはんこ作りを趣味で始め、特技となる。
2003年 大学卒業後、「象夏堂」の屋号で、オーダーメイドの消しゴムはんこ屋として、インターネット上やイベント等で受注を開始。
2005年の書籍「消しゴムはんこ。」出版からは、メディア出演やワークショップなどを通して、はんこの作り方や活用法を紹介・指導する仕事が増え、消しゴムはんこブームのきっかけや、新しいジャンルの確立に貢献してきた。
近年は消しゴムはんこによるイラストレーションや商品デザイン、ホテル内装や船の壁画などの大作も手がけ、アートとしての可能性を模索しつつ、エッセイ漫画なども描いたり、熱海の温泉で温まったり、猫を撫でたりしている。
著書は「消しゴム花はんこ」(講談社)ほか13冊。
ホームページ
ツイッター公式アカウント
Facebookアカウント

© GALLERY 35 2017